がん保険は本当に必要?

昨今、有名人のがん闘病がニュースでも多く取り上げられ、がん保険のCMも数多く流れています。今回は、本当にがんに対する保険は必要なのか?という点についてお話ししていきたいと思います。

結論からお話しすると、貯蓄型の保険なら迷わず加入したほうが良いです。ではなぜ貯蓄型の保険なのかというところですが、多くのがん保険は医療保険の一部分であり(がん保険単体で扱っていても分類上医療保険の場合が多い)そのほとんどが掛け捨ての医療保険です。

掛け捨て医療保険のメリットとデメリットですが、まずメリットは、値段が安い割に保障が厚いこと、デメリットは支払い事項に当てはまらなかったら払い損です。これは、医療保険の一部分であるがん保険にもあてはまります。つまるところ、がんにならなかったら払い損。1円ももらえないのです。ですが、今や2人に1人はがんに罹患する世の中になっています。ご自分はがんになる可能性が高いと思ってる方、ご家族ががんにかかられて大変な思いをされた方は掛け捨てのがん保険の加入も良いかと思います。

では、貯蓄型の保険なんてあるのでしょうか?実は医療保険の分野ではなく生命保険の分野で、がんに罹患したら保険金を支払うという特約や支払い事項がある保険が存在します。定期型の生命保険は掛け捨ての保険ですが、終身型の生命保険は貯蓄性があります。終身型の生命保険にがんに対して保険の効果がある保険商品を数社が販売しています。この商品は以前は多くの生命保険会社が販売しておりました。しかし、会社目線で見ると利益率が低く売り止めになっていることが多いのです。未だに販売している数社の中からご自分に合った貯蓄型の保険を選び加入することをおすすめします。キレイモキャンペーン