がん保険はどの程度のがんで保険料がおりるのか

将来のために備えておきたい保険の一つが「がん保険」です。がんになると手術や入院・治療で出費が多くなりますし、残された家族のためにも入っておくべき保険です。しかし「がん保険は、がんと診断されたら保険料が一括でおりるというのがメジャーですが、軽度重度を交えたすべてのがんに適用されるわけではありません。

「がん保険」と聞くと、「がんになったら保険料がでる」と思いがちですが、がんの程度によっては、保険料が支払われない場合があります。がんにも様々な種類と程度がありますので、手術で切除したら完治するというがんでは保険料が下りず、悪性の進行型で抗がん剤・放射線治療を必要とするがんでなければ、保険料を受け取れない商品もあります。月々の保険料が安い商品は主にそのタイプです。

「がんに備えておけば安心」「がんになったらお金がかかる」「一括で受け取れる」と保険の営業員にすすめられ、掛け料もリーズナブルと思って契約してしまいがちです。

しかし、いざがんになって保険料の申請をしたけれど、「指定外のがん」と判断され申請を却下されてしまうことがないように、契約時には、どの程度のがんから保証してもらえるのか詳しい説明を受けましょう。